未知子の3.11水爆人工津波・子供誘拐特権階級臓器・層化・八戸市のカタ

点農家の独裁支配・秋男は中曽根と見血子の交流で生まれた

美智子の不倫俳句
















●俳句・短歌コーナー
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



▲ 出世のための不倫なら  歓迎します
    ただ 加齢臭がきつくなるので しっかり洗わせます・・・・・BY 昭江

▲ 秋葉原と寝れば  オリンピックの団長になれます・・・・・・・・聖子


▲ 一度だけの人生  ちんぽでもゴマスリでも
     何でも使って  参議院議員・・・・・・・・・・・・・・・青山繁晴

▲ 勉強はできなかったけど  ちんぽを使って総理になったよ
     大事なのは  「絶倫であるかどうか・・・・・・・・・・・阿部チンゾウ

▲ 臭くても  我慢すれば   なめられる
     総理は これでゲット・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿部チンゾウ

▲ 気の毒そうな顔をすれば   地震難民はだませます・・・・・・・阿部チンゾウ


▲ 派閥10人  それでもなれた  総理大臣・・・・・・・・・・・・中曽根康弘


▲ その10人も  美智子が作った  派閥です


▲ 田中角栄の勢いに   目をつけ「誘ったけど」  断られた・・・・・道子


▲ 角栄は   庶民の味方  子分も見てるし


▲ ふられた「恨み」  怒った道子  ロッキード事件


▲ 渡辺犬さん   白血病で同情をかうが
     本当の「患者」に悪いと思いませんか?

▲ 渡辺犬は    道子の「お気に入り」  「王様と私


▲ コンサートの帰り  皇居に戻らず   誰かと密会
    死んだはずだぜ・・・・・「町村信孝


▲ とりあえず  やるだけやって  出世を待つ・・・・・・森芳郎


▲ 小渕が死んだことになって  「密室」で決めたよ
    「誰もいないのか?   それじゃ俺がなる」・・・・・森芳郎総理


▲ 人の心もわからず  成績もダメだった安倍が
     音痴でないはずはない


▲ 美智子さんは  都合によって「動きのスピード」 自由自在


▲ 核爆弾で 津波起した道子さん
          慰霊に行って「なに」祈る

▲ とりあえず  どっちもできるから  完璧だ・・・・・・・・・高橋英機


▲ 庶民がどうなろうと  テレビに出ることが  最優先・・・・・高橋


▲ バナナマンの片方は・・・・・肉体出世で  テレビでまくり


▲ そうは見えないかもしれないけど  阿部も肉体出世の一人です


▲ 昭江と美智子は・・・・・棒姉妹


▲ 最近は  阿部を気に入っています            恐怖の利夫人


▲ 時々は 思い出すこともあるわよ  中曽根康弘      美智子


▲ でも 忙しいんだもん 最近の若い人たち
     みんな出世したがるから   体が持たないわ
          嬉しい・・・・・悩み ❤❤❤      美智子



▲ 3.11東日本の大地震   私のファンが待っているから
         無理しても 行かなくちゃ         美智子



▲  最近じゃ  3.11人工地震  核爆弾もかなり知っている人が
         増えてきたけど  演技は得意だから 大丈夫     美智子


▲  
         
           











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















































中川昭一さんの事務所に電話を入れた
妻の郁子さんが 落選したからね
路上チューの郁子さんだ
八戸市の「かた」に・・・・・「有機溶剤が注射されている」と教えたかったらしい
が・・・・・じつはおおむねずっと前から知っていた

励ますつもりだったが・・・・・よほど迷惑だったらしい
話の途中で・・・・・「ガチャリ」

当たり前だ
中川王国
十勝の天皇家来の家老である

当選したいとき・・・・・当選させてもらえる
天皇家の子分だからね





下手に 私が電話を入れたら・・・・・天皇家がへそを曲げる
イコール次期の選挙が「不利」にさせられる
くわばら
くわばら
天皇がテロをやっている「いけにえ」には・・・・・近づかない

秘書さんは・・・適切でありよく訓練されている






この様子は 政府と天皇家には 筒抜けである

天皇家
私が 安倍晋三を頼ると思ったらしい
注射を
思い切り打ったわけだ

とんだ思い違いだ

実は
私は 中川さんは確かに「情報伝達」のためにやったとは 少しわかっていたが
実は
中川さんそのものが・・・・・「ええかっこしい」のためにやったとも思っている

おそらく・・・・・正解であろう






しかし 落選したんだから・・・迷惑をかけたような気がするので 電話したわけだ



▲しかしですね
よく考えると・・・・・中川王国だ
いつでも・・・・好きな時に「当選」させてもらえる
天皇子分の重役だから
実際・・・強い地盤も持っている






私が悪かった
そもそも・・・・・身分が違う

その辺のことは・・・・・テレビ界や政治業界すべての人に思っている





●さて
「電話の模様を調査している」天皇家と日本政府は・・・・・
私が「安倍晋三」さんを頼ると思ったらしい

ばかな

私は
不利になった人に・・・・・やたら「優しい馬鹿な」性格だ

いくらなんでも 安倍さんを頼るわけがない





そもそも
私は 政治家を全く信用していない
金持ちで
贅沢三昧の政治家に 私の苦しさがわかるはずもない

いつも大変不利な 社民党は・・・・・親しみを感じるが

同じメンバーで 名前を変えて
票が増えたとか・・・・・真面目に長時間議論する政治家は 天皇の人体実験を「飯のタネ」ぐらいしか 思っていないのが・・・・・
現実であろう

私が
安倍晋三さんを信用するわけがないだろう







さて
昨夜は・・・・・安倍晋三さんに任せれば 私が「黙る」と思ったらしい
しこたま
「強力な注射」をさしたわけだ

迷惑だね
再度
申し上げるが 私は3年間 我慢すれば 普通の経済状態になる
その後
本を出す

すっかり年寄りだけど 仕方ないんだ

今の私にとって・・・・・「温度差がもっとも大敵」である






「慰謝料払う・・・お化け」は 2003年から宣伝している
私は
確かに信用していないが・・・・・
其れよりも
不思議であるが
3年・・・・・貧乏すれば普通の経済状態になれることが 重要に思えている

天皇家は犯罪者で・・・・安倍氏はテロ被害者を自分の出世に利用する

しかし
今の私は・・・・そんな悪党なんかどうでもいい
私が・・・「3年」と決めたことが重要なんだ






そんな風に決めたら
金持ちで権力のある「中川王国」さえも「気の毒に思えて」電話したわけだ

私はねえ
すごく 年寄りになった

「電話したい」と思ったら・・・・だれにでも電話する
行動しないと・・・・わからない部分もある

私は・・・・・テロにあっているが 心は素直だ





ということで・・・・・私はどのような権力とも 妥協しない
私の邪魔をするなら
とりあえず 少しお金ができたら・・・・・「裁判」をする





正直に言おう
申し訳ないが・・・・・「中川昭一」さんなど さほど重要yに考えていない

どのような政治家さえも 私を助けてくれる「@手助け」をしてくれるとも思っていない

自分たちの出世のことばかり
テレビを見ると「バカバカしい」と思う





私は 些細な金をもらって 注射されたいと思わない
恨みが募るだけである

たとえば
私は300億円でさえ・・・・・注射一本と「バーター」
できないね

私の「体」は・・・・・天皇に殺された父の形見だ
私の体は
何よりも大切だ

安倍氏の「10億円」と交換できるわけがない
とにかく
私はもう決めたんだ
若者たちの前でも・・・・・もうきめたんだ

もう一切の取引はしない





普通に生きていけるのが・・・・もっとも幸せなことだ
正田美智子さんと池田大作は・・・・・
憲法を軽く考えないほうがいい
どこかに
出席しなければならない場合・・・・・建前だろうが「憲法」が威力を発揮するときも
あるでしょう

少し
未来を考えたほうがいいと思いますよ






●私は馬鹿だが・・・・地道にやる
できることを 静かにやる
天皇家の悪事を国民に知らせるには・・・・・おそらく国民が毎日見るテレビ業界の「天皇子分」をわかりやすく
書けばいいわけです

ああそうなんだ

国民にそう思ってもらえたら・・・・・次はやりやすくなります






私にテロをやれば・・・・・私はその分覚えるね

美智子さんの対場が危うくなりますよ

池田大作だって
同じでしょ
それに
池田については・・・・・・とっておきの訴訟を用意している
お前が死んだということになっても この裁判はできますからね

日本国民すべてが 私の訴訟と同じ文章で「裁判ができます」よ






浅原彰晃さんのように なりたいのですか?
池田大作さん








追伸
重点的に書くのは「選挙管理委員会総務省」でしたね







































■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■