未知子の3.11水爆人工津波・子供誘拐特権階級臓器・層化・八戸市のカタ

点農家の独裁支配・秋男は中曽根と見血子の交流で生まれた

天皇美智子・熊本地震を印象付けるための大学生「大和晃」君殺害事件

 正直言う  私は若いころから同年代の中では政治家には興味を持ち

それなりに本も読んできた

本には肝心なことが書かれていなかった   軍国利権権力者から

バイアスがかかっていたらしい   今毎日様々なことを考える

やっと今わかったことがある

カミソリ後藤田と言われた田中角栄の子分から様々なことが見えてきた

若者たち

時間がかかって分かったことは 君たちが本で分かることと違うと思う

時間がかかっていやというほど考えて分かったことは君たち若者が

さらっと聞いてわかることと違う

何を言いたいのか?

時間がかかって苦労して分かったことは いかに今まで軽んじられて

見られてきた政治家が偉かったのか

つくつく思われる今後じっくり説明していく

若者たちはどれくらい受け取ってくれるだろうか?

年を取らないと実感できないこともある

ひどい目に合わないと実感できないこともある

国を守る軍備は必要だとしても・・・戦争利益者に騙されては

いけない

洗脳されてはいけない

自分の家族を守るため 考えていってほしい

なぜ日本の官僚が国民を売らないのか?

わかった気がする

後藤田まさはれのような官僚の先輩が素晴らしかったからだろう

後藤田は中曽根の軍国主義を止めた

折れない心で  後藤田の後ろに日本国民の生活がある

その対応を踏襲し 小沢一郎湾岸戦争の対応した

日本の歴史的国民生活を考えた場合 落としどころだけが大切ではない

日本国民は 騙されやすい

何度か騙されない裏が読めない

そのようなことまで考えて官僚も政治家も方針を決める

私が本を書いても 深くまで若者たちを理解させられるだろうか?

自信がない

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

すべての政治問題・天皇家の犯罪はこれにたどり着く

天皇美智子と政商の

軍国支配と金もうけ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 日本の政治を分析した場合

■■■

軍国主義

軍国主義

グループに分別できる

人工地震も人工津波も様々な犯罪殺害も

すべては軍国主義が国民を支配するための手段に過ぎない

軍国主義グループの大きな目的は独裁であるが

「金もうけ」もその大きな目的だ

田中角栄大平正芳軍国主義グループの悪事を抑えることに苦労した

原発村のドン・秋篠宮の父である中曽根康弘が分かりやすい例だ

彼は戦争犯罪者の工作で皇太子の妃になった美智子と肉体交流を持った

美智子のごり押しで子分も持たないのに総理大臣になった

1979年に次女を鹿島建設に嫁がせ原発村のドンとなった

原発の受注は鹿島である

キックバックで潤うのだろう

彼は常々「保守政治」を訴えているが ただの「独裁金儲け」である

戦争・海外のテロを理由として軍備を売り込み金もうけの材料にする

海外のテロの黒幕は 天皇美智子特務機関である

日本でテロが行われた場合 天皇美智子が黒幕だと認識しなさい

軍国金儲けグループはテロをやりにくくなるはずです

 

 

 

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このブログは私の考えを書いています

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

美智子が私の家族と私の母を廃人にし私を失明させた

いつものように何をやってもいいと思ってやらせたと思う

ちなみに私の母は みほの病院で石のパウダー布団に寝かされています

母は塵肺または塵肺予備軍だ

ただし スポーツ界の若者たちもご存知のように美智子の

評判はよろしくない

神戸の人にも津波の遺族にも熊本の人々にも恨まれている

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私も母も大変なテロにあっています

いつ殺されてもおかしくないので 後世の

若者たちに期待してすべてを書きます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本や漫画本で多くの若者たちに天皇秋篠宮の真実を知らせることが

大切である

私たちの仲間や家族を守るため 血液凝固剤などの「脳梗塞を誘発する

化学物質検査体制」を整えるべきである

高血圧誘発物質・脳破壊物質・有機溶剤を特定する体制を整えたいものである

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

病院では特定の天皇特権階級医師や創価学会医師・看護師により 毒点滴を

使われる場合がある

私の推測では年間20万人がぜんこくで犠牲になる

ほとんど天皇創価学会の犯罪を知らない人がターゲットになる

点滴または注射の場合 その一部を小さな保管の器に患者の目の前で

分別することを義務付けする法律を制定することが望ましい

例えば10cc採取しキャップのついた保管管に入れ適切な保存剤を入れる

暗室の常温で20年以上ほどんできる

またはこれを山に隠して患者が異常な状態で急変したら 家族の希望で

国会法律で定められた官庁で調べてもらえる

この調べるという部分で おしっこを調べる機関を私たちが作る

私たちの保険は一人で年間1500円程度

家族としてなら2人で2000円程度

3人で2500円

調べてほしいときは 保険加入者は一回2000円ですべての項目を調べてもらえる

被保険者は30000円くらい

検査項目は 

血圧上昇物質

血栓誘発物質

神経を溶かす物質

各種ステロイド

通常では人体にないすべての物質

 

※保険加入者は無料で相談もできる

 

天皇創価学会が得意な 塵肺誘発アスベストおよび石のミクロパウダー

ばらまきテロも2000円程度で分析し警察に告発するところまで担う

通常 警察はこのようなテロを知っていても青森県警察のように「もみ消す」

ケースが多い

個人は犯罪を受けても「泣き寝入り」

みほの病院の創価学会医師は石のミクロパウダー布団テロを堂々と行う

田中角栄が若かったら法律を作り・・・救うと思いますね

創価学会については 拝むの自由ですが 宗教法人の認証は廃止して

税金は普通に払っていただきましょう

創価学会は一面では宗教法人かも知れませんが 犯罪人殺し団体です

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

秋篠宮熊本核爆弾大地震まつり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

秋篠宮阿蘇橋爆破・

大和ひかる殺害まつり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

秋篠宮阿蘇橋爆破・大和ひかる殺害まつり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

熊本地震で唯一行方が分かっていない大学4年の大和晃(ひかる)さん(22)=熊本県阿蘇市=とみられる遺体が10日午前、同県南阿蘇村の阿蘇大橋の下流で見つかった車の中から発見された。

大和さんは4月16日、熊本地震のために崩壊した南阿蘇村の阿蘇大橋付近を車で走行していた

 

 

とある

私の意見ですが  人工地震を起こした

当局が 阿蘇大橋を爆破で破壊したものと

考えます

 

 

 

 

地震で橋が崩落しない場合もある

その可能性が高い

地震は各自衛隊でそれなりの規模の水爆をトンネル掘って

爆発させる

水爆地震は遠くに届かないのです

ゆえに近辺の自衛隊すべてで地下水爆を行います

これは時限装置をつけています

この時間に合わせて大和君の車を阿蘇大橋を通過させなければなりません

無理ですね

大和君の周辺には工作員が多数いたでしょう

創価学会信者工作員から秋篠宮の子分の工作員

しかし 地震での橋の崩落の時間に合わせることはできません

合わせられるかもしれないが 大和君は生きています

ちょっとしたことで 阿蘇大橋通過時間が変わることは

ありうることです

むしろその確率が高い

地震

橋が崩落するかどうかわかりませんね

ゆえに橋のあらゆるところに細工するわけでしょ

橋の端っこの土の部分を爆破させたり 橋そのものの

肝心な部分に爆発物仕掛けたり

仮に爆発物で橋を崩落させても 大和君の車に合わせるのは

難しいですね

どんなに工作しても大和君の車が通る時間は100%工作できない

強烈なな睡眠剤で眠らせるか?

大和君を事前に殺害後 橋の中央に車ごと運んで 橋を爆破

させる

 

 

 

いつもの災害テロに「悲惨」を味付けする

当局のやり方です

大和さんは・・・その名字からターゲットに

されたというものです

当局ははじめから「大和さん物語」を狙っていますので

別な場所で殺されてから車ごと橋の中腹に停止

その後橋を爆破したと考えるのが適切でしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 秋篠宮大和君はどこかで殺され 下流域で車ごと川

に入れられ崖の岩を爆破→車に岩が乗っかるまつり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

当初阿蘇大橋崩落に伴う車の事故で行方不明と思われていました

実際は 阿蘇大橋ではなく 阿蘇大橋の下流の地域の車道で

行方不明になったようです

ということは

下流域の川のそばの車道の崩落で車が川に入ってしまったということ

でしょうが おかしいですね

川のそばの道路が崩落

といっても・・・・・

道路自体がなくなるほどの崩落した道路はなかった

理由と証拠

道路がなくなったところはない

道路がなくなっていれば 当初から道路が壊れたところの

そばの川を探します

下流域の道路は道路がなくなるほど壊れていません

阿蘇大橋が崩落したので そこで災害事故にあったのだろうと

大和君を捜索したのですね

しかし 阿蘇大橋周辺には 大和君はいなかった

400m下流で見つかった

阿蘇大橋周辺から車が流されるはずはない

なぜなら そこまで大きな川ではないし川のどこかで

ひっかかるはずです

もう一つ

上流から流されていない理由

大和君の車は大きな岩に押しつぶされている

つまり

車の比重より岩の比重が何倍も大きい

上流から大和君の車が流されたとしたら 一緒に流された

岩が先に沈む

仮に後で流された岩があったとしてもそううまく大和君の

車の上に乗っかりません

そこは下流で浅いとはいえ 水があります

すっかり大和君の車の上にすっぽり乗っかりません

なおかつ大和君は行方不明なので 400m下流には様々な人が

関心を持っています

さらに川の大きさは 大きくないのです

川に車が落ちたら よく見えます

それなのに 下流域で大和君の車の上に岩がすっかり

乗っかっています

ということは・・・

大和君は殺され 下流域で川に入れられ その上に崖の上の

岩が爆破され 車にのっかた・・・・・

ということですね

こちらの可能性が高いでしょう

権力は 国民を殺して残酷な殺し方をして国民を苦しめて

いるわけですね

あまりにひどいと思うのです

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

秋篠宮スリランカ爆破テロ

の黒幕は美智子まつり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本の政治グループを大別すると2つある

1  軍国天皇グループ

2  民主主義を大切にするグループ

1 は不正選挙を行う選挙管理委員会を持っている

政治家は落選を恐れ 1のグループに所属している人が多い

この場合 一般国民が強い

天皇美智子秋篠宮の犯罪を一般国民の多くが知るだけで

実質天皇体制は信用を失う

 

 

新聞の発行部数が減っているのはネットの普及もあるが

天皇体制の経済成長をさせない政策の影響が大きい

給料は20年前と全く同じである

家計が苦しいと新聞をやめることから始める

食料を削る前に新聞をやめる

ネットでの国民に刷り込む思想も恐ろしい

地位出世のために若者を洗脳する

その裏で権力者のちんぽをくわえる

若者を洗脳したその口で権力者のチンポ接待をする

保守を名乗りながら国民を殺す天皇の実態を話さない

どころか人殺しの天皇美智子を賛美している

政治家になりたいためであるし 大臣になりたいためである

チンポをなめた期限切れの歌手は 「売名がん」になる

チンポの関係なので 秋篠宮はマスコミに多数報道させる

マスコミは脅迫されているので秋篠宮の命令どうり動く

眞子の報道もマスコミが勝手に報道しない  命令されているから

報道するのである

期限切れの歌手は・・・

次の「売名がん」になる

最近はやっているのは渡辺謙白血病であるが・・・本当の患者さんに

失礼だろう

元夫が言うには・・・「人魚を釣り上げたと思ったらホオジロ鮫だった」

という故事成語が残っているが どうでもいいことですね

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■